荷物の受け取り方法の使い分け

インターネットが普及したことにより、ネットで買い物をする人が増加しました。
そのため、近年では自宅以外にコンビニでの荷物の受け取りや、宅配ロッカーなど、新しい受け取り方法が次々と生まれてきました。
ネットでの買い物が便利になったことによって、今後も新しい宅配方法が生まれてくるでしょう。
今回はこのような宅配方法の使い分けについてhassyonネット通販マニア通信がご紹介していきます。

gonghuimin468 / Pixabay

荷物の受け取りが便利に

数十年前まで宅配と言えば自宅に届けることが一般的でした。
しかし、現在の宅配業界ではコンビニや宅配ロッカーを利用した24時間いつでも受け取り可能なシステムが誕生しました。
これはインターネットの普及によるためです。
ネットでの買い物はいつでもどこからでも商品の購入が可能になったこともあり、宅配業者の人員不足に陥っています。
更に、宅配の約2割が再配達である事から、コンビニや宅配ロッカーの受け取りを促進し宅配業者の人員不足、人件費を削減するように働きかけています。

大手ネット通販会社の受け取り方法

色々な会社が顧客のニーズに答えるために、様々な配達方法を考え出しました。
ここでは各大手ネット会社の受け取り方法について紹介していきます。

1、楽天市場の場合

こちらの会社では、コンビニでの受け取りや大きな駅などに設置した楽天BOXという宅配ロッカーを利用した宅配を行っています。
また、郵便局からの受け取りも開始し、更に宅配の受け取りが便利になります。

2、Amazonの場合

こちらの会社の場合、配達日時を指定する際に当店受付を選択することでコンビニで荷物の受け取りが可能になります。
また、2015年からはお急ぎ便を取り入れより多くの顧客を獲得しました。
更に、お急ぎ便で受け取り店舗をファミリーマートと選択すれば、全国各地のファミリーマート約7100店舗の中から受け取り店舗を選択することができるようになります。
商品を早く受け取りたいという人はこちらの会社の宅配サービスがおすすめです。

オムニセブン

こちらはセブン&アイ・ホールディングスが行っている宅配サービスです。
グループの通販サイトが統合しているので、お急ぎ受け取りサービスを選択することで、注文したその日に商品を受け取ることが可能です。
また、セブンイレブンでは商品を無料で返品または返金をすることができるサービスもあります。

自分に合った宅配サービスを利用し、再配達防止を心がけましょう。