通販で詐欺にあうことのリスク

ネット通販詐欺にひっかかってしまう人が多くいますが、金額が少ないなどの理由から「泣き寝入り」し警察に届けない人が多いようです。
振り込みをしてしまい、お金を取り戻せないとわかってしまったら「騙された自分が悪い」と思い、届け出をしないパターンが大半です。
ただ、そのままにしておくことで、被害者がどんどん増えてしまう可能性が高いので、少ない金額であっても届け出をするようにしましょう。

geralt / Pixabay

個人情報を流してしまった…

ネットでショッピングをする際には、氏名、住所、電話番号そして場合によってはクレジットカード番号もを入力します。
例えば、あなたの情報を利用して詐欺グループがその情報を悪用した場合、あなたに被害届が提出され、被害者から損害賠償を請求されることもあるかもしれません。

被害にあった時に、警察に届け出さえしておけばそのような被害に関わることはなくなります。
自分が被害にあった事をきちんと届け出ることがとても大事だと言えます。

不正利用の可能性も

以前の詐欺では「銀行振込みの前払い」が主流だったのですが、最近では「クレジットカード」にも対応している詐欺クループもありその目的としては個人情報の収集や、カード番号の収集などです

詐欺だと気づいたらすぐにクレジットカード会社に連絡をし、「取引キャンセル」の手続きをして下さい。
カードの利用停止と再発行をするなど、カード会社によって対応は違いますが、こうする事で支払いを避ける事ができます。

被害拡大で個人情報流出

一度流れてしまった個人情報を取り戻すことは不可能と言われています。
こうした個人情報は裏で売買されているようですし、違う詐欺の被害の標的にされてしまう可能性も否定出来ません。

お金が振り込まれば大丈夫という詐欺グループもありますが、それだけではなく次々と違う詐欺グループに目をつけられてしまう可能性も十分考えられますので、被害届はきちんと提出しておきましょう。

不正ログインされてしまう事も

大きなリスクとして、多くの人がメールアドレスとパスワードを他のサイトでも同じように利用しているため、詐欺グル―プにその情報を知られてしまうと、他のサイトへログインをされてしまう可能性があります。
更にその不正ログインが成功してしまえば、情報を変更されてしまう事で自分のアカウントなのに、かってに使われてしまう事になります。
詐欺サイトに騙されてしまった場合はそのログイン情報は早めに変更し、使い回されてしまわないようにして下さい。