ネット通販はセキュリティと信頼感がカギ

hassyonなどのネット通販を楽しむ人が増えている昨今、やはりセキュリティがしっかりしているサイトが一番安心感があります。
ネットショッピングを月に1回以上利用する人にどのようなオンラインショップを良く利用するかアンケートをとったところ、上位に入るのはやはり大手ショッピングモール系サイトであるAmazonや楽天、Yahoo!などの名前が挙がりました。

■ネットショッピングはセキュリティが命

ネットショッピングは、顔を合わせずに商品と代金のやり取りができて、家から出なくてもネットを介した買い物ができる、非常に利便性の高い技術です。
しかし、それがある意味では悪い部分でもあります。
インターネットは、常に悪意をもった人たちがクレジットカード番号や口座番号を知ろうとあの手この手でだまそうとしたり、パスワードを突破して人のお金で大量の買い物をしようとしたり、最悪のケースではサーバーを乗っ取ってしまうような事件も起きる可能性があるのです。
そういったリスクを考えると、できる限りセキュリティ面で安心できる場所を選びたくなる気持ちが良く分かります。

■大手通販会社のサイトなども人気が高い

圧倒的人気を誇るショッピングモール系サイトの次に人気を集めるのが、メーカーや専門店などのオンラインショップサイトです。
ショッピングモール系サイトでは取り扱っていない、地方の名産品や特産品を買い求める際に、良く知る専門店の名前が入ったサイトは信頼感があり、良く利用されています。
メーカーも同じように、普段使うものなどのメーカーから直接商品を取り寄せる方が、安心かつ安いと考えている人もいるようです。

■しかし油断は禁物

しかし、いくらサイト側のセキュリティが万全であっても、利用する側が付け入られて様々な個人情報を漏らしてしまうケースがあります。
よくあるものとしては、それぞれの通販サイトに良く似たサイトでクレジットカード番号を抜こうとするフィッシング詐欺です。
誰もがつかう有名通販サイトの外観は、技術のある人なら良く似たコピーサイトを作ることはそう難しいことではありません。
ある日突然、買った覚えの無い商品の代金請求メールが届き、「この商品の返品や返金をするなら以下の場所にクレジットカード番号を入力してください」などの表記でカード番号を知ろうとしてきます。
もしも怪しいと思ったら、普段使うサイトの方へ一度移動してみたり、サイト側に問い合わせをするのが良いでしょう。

セキュリティは、hassyonなどのサイト側と利用者側双方が気をつけなければ維持できないものです。
日ごろから、普段と違う雰囲気のものを疑い、確かめる癖を付けておきましょう。