日本語の使い方は大丈夫?

通販サイトは日本のサイトだけではなく、海外サイトも多数存在しています。
海外サイトでも優良なサイトももちろん存在していますが、商品購入の際にトラブルに発展してしまうサイトも少なからず存在しています。
今回は、海外の通販サイトで商品を購入した時に起こるトラブルや悪質なサイトを見極める方法を紹介していきましょう。

fancycrave1 / Pixabay

■海外サイトで起こりがちな商品購入トラブル

海外サイトを利用する人も多くいると思いますが、最近はブランド品のコピー商品が海外の通販サイトで出回り、商品購入トラブルに発展するという事態が発生しています。
そのようなサイトは、かなり巧妙にできていて、日本にある既存の通販サイトと良く似た作りになっているサイトができているケースもあります。
一見すると日本国内の既存サイトに見えてしまうのですが、実は海外の悪質なサイトという可能性もあるので、注意が必要です。
また、悪質なサイトほど実在している通販サイト巧妙に真似したり、連絡先を偽るなどばれないような手口を使っているので、良く見ないとわからないほど巧妙なサイトも実際に存在しています。
そのような悪質なサイトで商品を購入してしまうと、コピー商品が届いたり、返金されないなどトラブルに発展するケースがあり、年々増加傾向にあります。
解決しようとしても長い時間がかかってしまったり、最終的に返金されないままということもあります。

■悪質なサイトを見極めるためには?

巧妙に作られているサイトでは、悪質なのか優良なのか見極めるポイントがあります。
トラブルに発展しないようにきちんと見極めて安心して通販を利用できるようにしましょう。
では、そのポイントを紹介していきます。

1つ目は、サイト内に住所や電話番号が掲載されていることを確認するということです。
国内の住所になっている場合、本当にその場所が実在しているのか確認し、電話もかけてみると良いでしょう。

2つ目は、極端に値引きしているサイトには注意をすることです。
大幅な値引きをしている場合は、ブランド品のコピー商品の可能性があり、税関で没収されてしまう可能性が大きいので、商品が届かない可能性があります。

3つ目は、メールやサイト内に不自然な日本語が書かれていないかということです。
不自然な日本語が使われている場合、外国人が日本の通販サイトを真似て作っている可能性があります。

通販サイトは、かなり多くの種類があり、見極めるのが難しいケースも多くありますが、このようなポイントを覚えておけば注意することはできるはずです。