商品説明の表現についての注意点

ネットショップオーナーがよく直面する問題の一つに、商品説明の表現の仕方があります。
商品説明の表現をするにあたって、注意しておきたいポイントを確認しましょう。

kalhh / Pixabay

■オーバーな説明は絶対にしない

商品説明をする際、あまりにオーバーな表現を用いると、トラブルの元になるどころか法律に違反する行為として罰せられる可能性があります。
良く問題になっているものといえば、食品やサプリメントなどの誇張表現です。
最高、や驚異的、など過度に誇張しているけれど実際にはそこまでの力はなかったり、絶対に効果があるような言い方は問題があります。
これを飲めば絶対に痩せる、健康になる、美容に良いと言うような商品の説明はあまりお勧めできません。
産地偽装や、限定でもないのに限定品や限定何名様までのような表現も法律違反になる可能性があるのです。
もしくは、許可がいるような商品に良く似た説明など、何かと誤認させるような書き方もかなり悪質なケースとなります。
嘘や誇張、誤解を招く表現は仮に売れたとしてもその後のトラブルによるデメリットが大きいので、絶対にしないようにしましょう。

■読みづらい説明もあまり良くありません

商品説明が長々としていて、歯切れの悪い感じになっているとあまり人は見てくれません。
一文一文をまとめて簡潔にすることで、どんな商品であるかが分かりやすくなっていきます。
せっかくの商品ですから説明したいことが色々あると思いますが、商品説明欄には少なくとも簡潔な文章を記載するようにしましょう。

■売りを一つだけにしないこと

例えばですが、スーパーに野菜を買いに行く時、どんなことを基準に野菜を購入しますか?
産地直送だから新鮮!とだけ記載されている野菜と、このような料理に使うことができます、このような栄養素がたくさん含まれています、と同時に記載されている野菜だと、ポイントが2つ以上ある方が気になってきませんか?
それと同じように、セールスポイントは1つより2つある方がより多くの人に見てもらえます。
単純な数だけの問題ではなく、人はなにかを手に入れる際総合的な判断をして選ぶものなので、ポイントは2つあった方がより総合的に良いものに感じるので購入者が増えるのです。

商品説明を書く表現には、さまざまなものがあります。
しっかりと顧客目線に立つことと、嘘をついたりごまかしをしないようにすることを気をつけて、より集客力が上がるような文章を書けるように頑張ってみましょう。