通販サイト制作時のポイント

通販サイトを制作する際に、デザインの作り方や基本的なことすらわからないという方も多いのではないでしょうか。
今回は、通販サイトを制作する際のポイントや流れなどを紹介していきます。

Viscious-Speed / Pixabay

■初心者用デザイてテンンプレートを活用しよう

多くのネットショップサービスでは、初心者向けのデザインテンプレートを用意しています。
初心者向けなので、サービスによっては数が少なかったり、他と同じようなデザインになってしまう可能性があります。
ここでは、デザインテンプレートの特徴や使い方を説明します。

・どのような特徴があるの?

デザインテンプレートを活用すれば、デザインを作る技術などがない人でも簡単にサイトを作ることができます。
ネットショップサービスでは、デザインテンプレートを選択し、サイトをすぐにオープンすることも可能です。

・デザインテンプレートのメリット・デメリット

デザインテンプレートを使うメリットは、知識や技術がない人でも簡単に通販サイトをオープンできるということです。
それに対してデメリットは、限られたデザインの中から選ばなければいけないので、同じサービスを利用している人と被ってしまう可能性があります。

・デザインテンプレートを使うときの注意点

デザインテンプレートを使う際は、どのような商品を販売するかによって合ったデザインを選択する必要があります。
アパレル関係ならブランドイメージに合ったもの、自然派食品ならナチュラル系などです。

■初心者でも可能なデザインテクニック

通販サイトに限ったことではありませんが、少し意識すると見やすいデザインになります。
ここでは、見やすいサイト作りをするためのデザインテクニックを説明します。

・書体を統一する

書体が統一されていないとどうしてもごちゃごちゃして見にくくなってしまいます。
どのような客層をターゲットにするかで書体を変えるというのも良いでしょう。
明朝系であれば、女性的なイメージや高級感、繊細な印象を与えます。
ゴシック系は、男性的なイメージやモダンな感じ、信頼感などの印象です。
丸ゴシック系は、ポップでやわらかく、かわいく子供向けな印象です。
行書体は、和風や伝統的なイメージを与えるでしょう。

・メインになるカラーを決める

色は、印象を決める大切なポイントです。
目立たせたい箇所を強調できる色にし、他との違いをつけることで、価格などの情報が伝わりやすくなります。
色は同系色でまとめることがポイントになり、3色~4色くらいがベストです。