ネット通販ではクーリングオフ制度が使えない?

ネット通販を利用する機会は増加傾向にあります。
いつでもどこでも自分の気に入った商品を購入することができるので便利です。
ただ、ネット通販では実際に商品を手に取って確かめることができないので、商品が届いた後にサイズが合わなかったり想像していたものと違うなどの理由で返品を考えることもあるでしょう。
しかし、ネット通販ではクーリングオフ制度が適用されないので返品するのが難し状況でもあります。
ここでは、ネット通販で返品したいときの対応を紹介していきます。

■クーリングオフができない
クーリングオフは、訪問販売や電話勧誘、マルチ商法、内職やモニター消費、教育や美容に関する内容の特定継続的役務提供などの契約が対象となっています。
ネット通販などの通信販売はクーリングオフの制度が適用されていないので注意が必要です。
ネット通販では、特定商取引法の返品制度があり、商品の受取日から8日以内であれば契約の申し込みの撤回や契約の解除を行うことができます。

■通販での返品は?
通販サイトで返品が可能なのは、サイトに返品特約の表示がされているか確認しましょう。
返品特約の表示は義務でもあり、返品に関する条件などが記載されていて条件を満たすことで返品が可能となります。
返品特約の表示で返品不可と記載されている場合には、不良品や違う商品が届いたときなどの場合を除き返品することはできません。
サイトに返品特約の表示がない場合には、特定商取引法の返品制度が適用となります。

■トラブルを防ぐために
通販サイトでの返品トラブルを避けるためには、購入前に返品が可能かどうかはもちろん数量やサイズもしっかりと確認するようにしましょう。
商品が手元に届いたときには、注文した商品かどうかや破損していないか、サイズや色は正しいかなど確認するようにしましょう。
注文内容や確認メールも印刷して保存しておくのも良いでしょう。

通販サイトは便利ですが、返品対応ができないことも多いです。
事前に内容の確認をして買い物を楽しむようにしましょう。