独自サイトかモールのどっちにするか考える

通販サイトを開業するときに考えなくてはならないのは、独自にするかモールにするかという事です。
どちらにしても、メリットとデメリットは存在しますが、それらを考慮した上で開業することも大切です。
自分にはどちらが合っているのか慎重に決めていきましょう。

独自サイトの場合

独自サイトの最大のメリット、それはコストが安いという事です。
無料で開設できるサイトがありますので、上手に利用してスタートさせるという方法もあります。
また、自由にショップサイトをカスタマイズできるのも独自サイトの魅力です。
自社のイメージに合わせて作れますし、URLの規制もないため好きなようにデザインすることが可能です。

さらに、顧客の管理も自由にできます。
「モールでは自由にできないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、モールの場合、顧客のアドレスなどを入手してメールを送ることなどを禁止されているのです。
メールを送る際も一人にメールを送ると○円というように費用がかかります。

逆にデメリットとして挙げられるのが、集客が大変だという事です。
モールはお客様を集めてくれますが、独自サイトでは自分でやらなくてはなりません。
何もしなければ、お客様は0に近い状態となります。
また、誰もが知っている大手モールと違って、信頼度は低いです。
独自サイトの場合はこのお店はどうなの?と警戒されてしまう可能性もあります。

モールサイトの場合

一方、モールサイトのメリットは、強力な集客力です。
代表的なアマゾン、楽天、ヤフーなど圧倒的な認知度と顧客を抱えています。
費用はかかるけれど、集客をしてもらえるというのは大きいメリットだと言えます。

また、モールではコンサルタントが存在します。販売促進や集客など困ったことを相談できるため、初心者には心強いでしょう。

モールのデメリットは、コストがかかることです。
今は、無料出店できるところも出てきましたが、固定費や初期費用は数万円とかなり高めのところもあります。
さらに、モールの集客力がなくなればショップの集客力も同時に下がります。
好調・不調がモールに比例することも想定して運営すると利益へとつなげられるでしょう。

独自サイトにするのかモールに出店かは、予算やそれぞれのメリット、デメリットを把握してどちらが自分にとって有利なのかを考える事が大切です。