ECサイトについて

ECサイトとという言葉を聞いたことがありますか?
インターネットの上で商品やサービスを販売・購入できるサービスサイトのことといえばピンと来るのではないでしょうか。

今や身近な存在になった、オンラインのショッピングサイトがECサービスということですね。有名なところでアマゾンマーケットプレイス、楽天市場、ヤフーショッピングなどがあります。
ECサービスとはElectronic Commerceの略称で日本語では電子商取引と訳すことができます。

私達は、すでに当たり前のように利用しているネットショッピングを行う場がECサイトということですね。

モールサイトについて

このECサイトは大きく分けると二つに分類されます。
ひとつはモールサイト、もうひとつは自社サイトです。

モールサイトとは、先ほど例に挙げたアマゾンマーケットプレイス、楽天市場、ヤフーショッピングなどのモールに出店するタイプです。
こちらは、モールが集客、顧客管理、決済などを代行するシステムとなっています。
ショップのサイトもひな型が整っていて、出展者が独自に構築することはなく、店舗管理がしやすいように整えられています。
無料で登録可能なモールもありますが、固定費、初期費用などが必要になってきます。

自社サイトについて

もうひとつは自社サイトです。
こちらは、モールに出店するのではなく、独自のサイトを構築する必要があります。
無料でスタートできる構築ツールサービスやショッピングカートサービスもありコストをかけずに始めることもできます。
顧客管理、決済のシステムなども自由にでき、お客様との距離は近くなります。
また、サイトの構築も自由度を広げる事ができるので、他にはないオリジナルのサイトを作ることができるでしょう。
その一方で懸念されるのが、セキュリティなども含めすべて自分で行う必要性が生じます。

さらに近年では、フリマアプリも盛んになり、個人間の取引きを気軽にできるようになってきました。
特に専門的な知識がなくても、出品し購入できる手軽さが受けているようです。